banner

任天堂が苦労した末のファミリーコンピュータの発売

banner 任天堂は、もともと花札を作っている会社でした。
非常に良質な花札を製造・販売することにかけては一流の会社でした。
その中で、任天堂の山内博元社長は、誕生しました。
早稲田大学に入学したインテリでした。
しかし、大学在学中に曽祖父が病に倒れたため、山内氏は大学を中退し、地元である京都へと帰郷し、会社を継いだのでした。
山内氏はそこで花札とトランプが下火になり、「脱花札、脱トランプ」を目指し開発部を新設しました。
新製品の開発に力を入れましたが、いずれも短命に終わり、オイルショックで倒産の危機に直面したといいます。
そして1983年、任天堂はテレビゲーム「ファミリーコンピュータ」の発売にこぎうけたのでした、ファミリーコンピュータは、ファミコンの愛称で大ヒットしました。
初代ファミコンは、テレビにつなげると、ブラウン管の画面を利用してさまざまゲームが楽しめるカセット式ゲーム機でした。
ファミコンは100万台を越える大ヒットとなったのです。

wii u ポイント

高性能なブレーカをお探しなら【サンドビック】

トンネル工事に最適なマシーンの詳細はこちら。

砕石に欠かせない機械はこちら

サンドビックQシリーズスクリーンはこちら

任天堂関連情報一覧

banner
任天堂は今でこそ押しも押されぬ家庭用テレビゲーム機の大企業として世界的に有名ですが、大企業へと躍進し

任天堂がこれほどまでの大企業に成長した理由

banner
任天堂の元社長であった山内博氏は、現在の任天堂の最大の功労者であり、カリスマ的な存在となっています。

「ファミコン」の大ヒットで「ゲーム機の任天堂」へ

banner
今や押しも押されぬ大企業へと成長した任天堂ですが、順調に成功への道を歩んできたわけではありませんでし

任天堂の成功の秘密は一体何か?

Copyright(c) 任天堂 All Rights Reserved.